SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

「大企業による新規事業」のリアル

エムアウト流“マーケットアウト”の新規事業とは?──paizaの事例にみる、事業創出と起業家育成

第9回 ゲスト:エムアウト 福岡克績氏、paiza 片山良平氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新規事業担当者に求められる「ユーザー起点の課題把握」とは?

畠山:エムアウトさんは、「起業家になる人」を採用するわけですよね。どのような採用基準なのでしょうか。

福岡:「ユーザー起点で課題を捉えられる」人であるかを重視しています。ビジネスプランが先ほどの6つの条件を満たしていても、担当する当人が課題感や熱量を持っているかどうかで、事業の成長が異なると感じています。事業開発の仕組みを教えることはできても、課題感や熱量だけは誰かが管理したり押し付けたりすることはできません。そのため、ユーザー起点で考え抜けるかが大事だと考えています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「大企業による新規事業」のリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畠山 和也(ハタケヤマ カズヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング