SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

新規事業の“デジタル・ゲームチェンジ”

富山の薬売りのビジネスモデルに学ぶ、顧客課題から始まる「6行」のストーリー開発とは?

事業開発で使える、Business Model Syntaxの活用方法

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

富山の薬売りの「事業コンセプト」とは

 富山の薬売りの創業当時は戦国の世が終わり、江戸幕府を中心に救国済民に努め世の中的に健康への機運が高まった時代であり、「体調を崩した時のために医薬品を常備しておきたいが、できない」という不安は多くの人々が抱えていた「課題」でした。

 この課題が生まれた背景には、いつ必要になるか分からない、なおかつ消費期限もある薬品をストックできるほどの資金的な余裕が多くの家庭にないことが大きな「原因」となっていました。そして、この課題を最も深刻に抱えていたのが「地方の一般庶民」です。都市部に比べ、医療環境や衛生面から健康不安を強く抱く一方、貨幣の流通面や経済的な理由から「薬品を備蓄したいが、できないことへの不安」を最も強く抱えていました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
新規事業の“デジタル・ゲームチェンジ”連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

堀 雅彦(ホリ マサヒコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング