SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

企業理念「よく生きる」を具体化するベネッセコーポレーションの2つのパーパス

第8回 ゲスト:株式会社ベネッセコーポレーション

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

2つのパーパスを「お客様の言葉」で表現した理由

後藤:ベネッセではパーパスを2つ作っていらっしゃいます。「社会の構造的課題に対し、その解決に向けてどこよりも真摯に取り組んでいる姿勢に共感できる存在」「自分が一歩踏み出して成長したいと思ったときにそばにいてほしい存在」ですが、なぜ2つあるのでしょうか。

富川:いくつパーパスを作ろうという議論も、1つに統合しようという議論もありませんでした。この2つになったのは、お客様の今のニーズや期待に応えていくことと、少し先を見据えて社会の構造的な課題にも取り組んでいくことの両面が、ベネッセには必要だと思ったからです。お客様にとって必要な企業であると同時に、社会にとっても必要な企業であることが、私たちの存在意義だと考えました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング