連載・コラム 民主化する「プロトタイピング」の新潮流

事業開発を効果的に進める「プロトタイピング戦略」──関係者の認識が噛み合わない理由と解消方法

第3回

[公開日]

[著] 三冨 敬太

[タグ] デザイン思考 サービスデザイン プロトタイピング 事業開発 プロダクト開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読むには会員になる必要があります。

会員登録(無料)ログインはこちら

バックナンバー