SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ESG時代のガバナンスとIR

投資家目線で考えるESG経営の必然性──パーパスが可能にする多様なステークホルダーとの長期的な協働

【第1回・後編】ゲスト:マーケットリバー株式会社 市川祐子氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ESG経営で注目の日本企業

──最後に、ESG経営という観点で市川さんが注目している企業を教えてください。

 はい。ひとつはキリンホールディングスです。同社では、マイケル・ポーター教授らが提唱するCSV経営を参考にして、長期の構想を9年単位で策定(「長期経営構想 キリングループ・ビジョン2027」)し、その上で3年単位の中期経営計画(キリングループ2022年-2024年中期経営計画)を作っています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ESG時代のガバナンスとIR連載記事一覧
この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング