「新規事業バブル」と「オープンイノベーションごっこ」――実際にやってみて気づいたこと

第1回

 本連載では、新規事業創出手法の中でも筆者が現在進めている「イントレプレナー(企業内起業家)型」と「オープンイノベーション型」を軸に、新しい価値を世の中に生み出そうと奔走、いや七転八倒する新規事業担当者のリアルな日常を、“新規事業難民”の皆さんと共有することにより、今後の日本が少しでも楽しい国になることを願って始めさせていただくものである。

[公開日]

[著] 畑 紀行

[タグ] イントレプレナー 事業開発 オープンイノベーション イノベーションのジレンマ アイディア創出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新規事業バブル」と「オープンイノベーションごっこ」

 社内で新規事業を進める場合、各社で度合いは違えども、既存事業サイドとの軋轢や、リスク危惧に対する社内説得への疲弊などに晒されることが多い。しかし、この戦いは決して正義と悪者の対立図式ではなく、正義と正義のぶつかり合いであり、お互いが逆の立場になれば相手と同じことを言うはずのもの。ただ、新規事業サイドは既存事業サイドの常識をUnlearn(学びほぐし)することで生まれた存在でもあるがゆえ、既存事業サイドに新規事業サイドの想いが伝わらない一方通行の図式が生まれがちとなる。また既存サイドの論理的な説明に対してこちらは感覚的、さらには多勢に対して無勢なので、普通に議論すると負けてしまい、組織の端っこで勝手に孤独を感じつつ「いつか見てろよ、絶対成功させてやるぅ」と生きていくパターンが多いのではないだろうか。理解されづらい存在が、現在の常識と戦い、新しいカルチャーを創出しようという気持ち、これってまさにRockなのだと思う。「そうかこれがRockか!そうだよ、これがRockだよな!!」とやたら腑に落ちたことを覚えている。

 世は新規事業バブルとも言えるほど、新規事業関連のキーワードが日常生活を飛び交っている。ここ数年お会いする他社の新規事業担当者からも「上層部からオープンイノベーションを推進しろと言われ途方に暮れている」「社内でアイディア募集の仕組みを作れと言われ思い悩んでいる」などの声を聞くことが多くなった。

 企業のメイン事業で活躍されていた方が、考え方の大きく異なる新規事業の世界に一晩で移されるのだから、たまったもんじゃないだろう。そんな新規事業難民が増えていると感じていたところに、最近「大企業はオープンイノベーションごっこから脱出せよ」という記事が話題になっていることを知り、妙に納得してしまった。この記事には新規事業担当者にとって耳の痛いことが書いてあるが、大筋では賛同できる内容も多い(※)。

 個人的には「ごっこ」にならないためには、以下が必要だと思っている。

  • 会社がコミットしている
  • 強い想いを持った主体者が存在している
  • 狙いや作戦をしっかり持っている

 明確に実現したい世界があり、そこに想いや狙いを持った状態でないと、オープンイノベーションという「手段」が「目的」化してしまうことも多いように感じている。ただ、最初からそう思えたわけではない。そう思えるようになるまでの流れをこの先に記していきたい。

(※)編集部注:Biz/Zineでは『「オープンイノベーションごっこ」の功罪、「リニア思考」を脱却できない人の“ジレンマ”』という記事にて、別の角度から「オープンイノベーションごっこ」と「リニア思考」を論じている。

バックナンバー