SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

失敗しない新規事業開発の進め方

新規事業開発やイノベーション創出の再現性を高める「インキュベーション戦略」と「IRM」とは?

第6回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

新規事業のリーダーとなる「イノベーター人材」とは?

 インキュベーション戦略を策定した後は、それに基づいて個別の事業企画や戦略の立案や事業開発を実行・推進を行い、実際に事業を創出し、成長させていかなければなりません。これまでの記事でもご紹介したような新規事業開発の現場で頻繁に直面する壁を乗り越えながら、質の高いエグゼキューション能力を発揮し、事業構想〜事業化・グロースまでプロジェクトやチームを牽引して成果を上げる必要があります。

 せっかく策定した戦略も、それが高いレベルで実行されて継続的に成果を創出できる状態が実現できなければ何の意味もありません。特に、不確実性が高い新規事業においては、時間をかけて検討した戦略どおりにことが進まず、実行しながら素早く方向転換を迫られることも日常茶飯事です。そのため、質の高い挑戦を量産し、それを再現性高く継続して実行するための「組織と人材」こそが成否を左右すると言っても過言ではありません。筆者はその核を担う新規事業のリーダー人材を「イノベーター人材」と呼んでいます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
失敗しない新規事業開発の進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北嶋 貴朗(キタジマ タカアキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング