SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

二項動態のDX

DX推進のためのビジネスアジリティの実装──予算編成にも及ぶ「ノンソフトウェアアジャイル」とは?

ゲスト:株式会社エル・ティー・エス 執行役員 山本政樹氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

大企業に必要な「ビジネスアジリティ」という組織能力

山本 政樹
株式会社エル・ティー・エス 執行役員 山本政樹氏

市谷:DXは2つの変革を伴うことですよね。1つは「顧客や社会への価値の提供」を再定義するという観点、もう1つは一過性の取り組みとしないために「組織文化や体制」を見直していくという観点ですよね。このDXの2つの変革には実践論が必要です。そこで山本さんが著書で語られているDXを推進するために必要なビジネスアジリティに関して、お聞きできればと思います。

山本:この「激変する環境」の中で、迅速に社会に価値を提供するために企業が求められている組織能力は「ビジネスアジリティ」です。裏返せば「変化の速い環境で生き残るための力」とも言えます。ビジネスアジリティはさまざまな能力の集合体です。その能力とは、

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
二項動態のDX連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

栗原 茂(Biz/Zine編集部)(クリハラ シゲル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング