SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

i.lab流イノベーションマネジメント

多様性のあるチームの鍵を握る「夢を語る人」と「そろばんを弾く人」、リーダーの「方向感」

【特別鼎談】ルノー日産 三好健宏氏 × i.lab 横田幸信氏 × 寺田知彦氏 後編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「0→1の直感」と「10→100の論理」のバランスをとり、ユニークさを残したまま事業化を目指すには?

横田:
 i.labがプロジェクトに参加させていただいた時には、まさにその「自動運転で散歩しよう」がコンセプトとして掲げられていました。その際、どのようなことをi.labに期待されたのでしょうか。また、プロジェクトリーダーを務めた寺田ともども、お役に立ちましたでしょうか(笑)。

三好:
 もちろんですよ。プロジェクトチームの情熱が高まれば高まるほど、どうしても客観性が失われていくんです。私自身、0→1、1→10にするのは得意なのですが、10→100、さらに100以上へ拡大するとなれば、どうしてもそれまでのものを全部盛り込みたくなります。事業として拡大するには一定部分を“捨てる”必要があるのですが、なかなか愛着があってできない(笑)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
i.lab流イノベーションマネジメント連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング