SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

i.lab流イノベーションマネジメント

多様性のあるチームの鍵を握る「夢を語る人」と「そろばんを弾く人」、リーダーの「方向感」

【特別鼎談】ルノー日産 三好健宏氏 × i.lab 横田幸信氏 × 寺田知彦氏 後編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

カメラにもクルマにも共通する“攻めと守り”の知財――業界の常識の外にあるヒント

寺田:
 こうしたイノベーティブな事業を立ち上げるために、知財戦略は重要な要素だと思われます。私の前職であるキヤノンでは、カメラ開発という伝統ある事業を「守るため」に知財を活用していました。さらに、その知財を活かして他社からライセンス料を得るというビジネスを展開していました。

 一方、新規事業の知財には、他にも「使い方」があるのではないかと考え、ショーケースを作りたいと思っています。例えば、ベンチャー企業なら早い時点の知財取得で資産化の効用がありそうですし、大手企業の新規事業部ならビジネスプランの一手として社内コミュニケーションにも活用できるでしょう。御社ではどのように知財を認識し、活用しているのかお聞かせいただけますか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
i.lab流イノベーションマネジメント連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング