Biz/Zineニュース

Zホールディングス、金融サービスを「PayPay」ブランドに統一 2020年秋以降に順次

 Zホールディングス(以下、ZHD)、およびZフィナンシャル(以下、ZF)は2020年秋以降順次、ZHD傘下またはZHDが出資する金融事業会社6社の社名、およびサービス名を「PayPay」ブランドに統一することを決定した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 企業戦略 「シナリオ金融」構想 「スーパーアプリ化」構想

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZHD傘下の中核企業の一つであるヤフーが出資するPayPayのスマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数が3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど、多くのユーザーが利用するサービスへと急速に成長している。

 ヤフーは、提供するオンラインサービスへの「PayPay」決済の導入や「PayPayボーナスライト」などの特典の付与、eコマースサービス「PayPayフリマ」、「PayPayモール」の開始など、昨年より「PayPay」と強固に連携することで、急速に成長する「PayPay」のユーザーを取り込み、コマース事業の成長を加速させている。

 今回、銀行やクレジットカード、保険など、ZHD傘下またはZHDが出資する金融事業会社が提供する金融サービスについても「PayPay」との連携を強化し、金融事業を成長させていくとともに、わかりやすい名称とすることでユーザーに親しみをもってサービスを利用してほしいという思いのもと、社名やサービス名を「PayPay」ブランドに統一することとしたのだという。

金融事業会社の社名、サービス名の変更

 ZHD傘下またはZHDが出資する金融事業会社6社の社名および、各社が提供するサービス名は、2020年秋以降順次「PayPay」ブランドを冠した社名・サービス名に変更、または「PayPay」ブランドを冠した新たなサービスとして開始する予定。また、社名変更については、各社株主総会により承認可決されることおよび必要に応じ所管官公庁の許認可等が得られることを条件として実施される予定としている。

Zホールディングス

今後の金融事業について

 ZHD のグループ企業は、検索、eコマース、決済、旅行など、「調べる」、「買う」、「支払う」、「予約する」といったユーザーのアクションを促す数多くの「場」を提供している。ZHDは、これらの「場」において、ユーザーがアクションを起こす際のニーズに沿った最適な金融商品もあわせて提案する、「シナリオ金融」構想の拡充を目指している。2020年1月には「ヤフオク!」での商品購入時にワンストップで保険に加入できる 「ヤフオク!修理保険」の提供を開始した。

 「シナリオ金融構想」の実現により、ユーザーにおいては金融商品の購入や申し込みをする際の利便性が向上するとともに、ZHDグループにおいては金融商品の販売強化に加え、サービスを提供するeコマースなどの「場」自体の魅力向上にもつながるとしている。

 また「PayPay」との連携を強化し、「PayPay」が掲げるユーザーの生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ化」構想の実現に向け、「PayPay」アプリにおいて「ローン」や「保険」といったZHDグループの金融サービスの提供を拡充していく予定だしている。なお、今秋よりPayPayカードのキャンペーンをはじめ、ブランド統一にあわせ各種キャンペーンを順次実施する予定。