SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

“個”の生き様の追求が企業に本質的な成長をもたらす──ワコムCEO井出氏が実践するPurpose経営

第5回  ゲスト:ワコム 井出信孝氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

井出氏を強烈に衝き動かす個人のPurpose

永井:先ほど「ワコムが死に絶えてもビレッジが回る仕組みを作る」とおっしゃいましたよね。そうまでして存在させたいのはなぜでしょうか。

井出:誤解を恐れずに言えば、非常に個人的な話が原体験にあります。私にはダンサーをやっている娘がいるのですが、今回のコロナ禍で仕事を全部失ってしまいました。今はシェアハウスに住んで食費を切り詰め、アルバイトをしながらダンサーの仕事を探してステージに上るという生活をしています。親の欲目もあるかもしれませんが、私は彼女の踊りをとても価値があるものとしてリスペクトしています。プロモーションビデオの撮影を手伝うのですが、映像効果で震わせているのかと思われるほど、感動で手が震えてしまうこともあります。私が命をかけて仕事をしているのと同じように、彼女は命をかけて踊っており、生命の躍動を感じるのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

永井 恒男(ナガイ ツネオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング