SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジネスアジリティとデザイン

AI inside 保坂CXOと語る、プロダクト主導型企業の成長痛──変容する組織の課題と乗り越え方

ゲスト:AI inside 株式会社 執行役員 CXO(Chief Experience Officer) 保坂 浩紀氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

開発サイドとビジネスサイドの折衝

高松真平
コンセントリクス・カタリスト Tech lead /プロダクトマネージャー 高松 真平氏

高松:ここからは、デザインやエンジニアリングという開発側と、ビジネス側の連携に関してお聞きできればと思います。通常、開発とビジネスの両部門には対立が多いと思いますが。

保坂:やはりその課題は少なからず存在します。その橋渡しをプロダクトマネジャーが担うと思うので、そのポジションを組織として明確に定義しています。デザイナーは理想のUXを考える。ビジネスはビジネスで、プロダクトベースで売上を計算する。開発はリソースを調整しながらリリース計画を立てる。お互いがそれぞれに考えるため、コミュニケーションロスが生じないよう注意する必要があります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジネスアジリティとデザイン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 陸夫(スズキ アツオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング