SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

ADKホールディングス植野CEOが語る、「歓びの体験」を軸としたパーパス経営

第20回 ゲスト:ADKホールディングス 植野伸一氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

パーパスを「行動」につなげるための具体的な施策

後藤:私たちは、パーパス策定の意義を、「認知」、「理解」、「共感」、「行動」という4つのフェーズに分けて考えています。これに現状をあてはめてみると、御社のパーパスに対する社員の皆さんは、どのフェーズに相当するでしょうか。

植野:正直に申し上げますと、コロナ禍もあり、パーパスやビジョンの啓蒙という部分については、まだまだ不十分だと感じています。ただ、重要なのはこのパーパスをいかに自分事にしてもらうかであり、「上が何か言っているな」という状態では意味がないわけです。そのためには「すべての人に『歓びの体験』を。」というメッセージを具体化する必要があり、その取り組みの1つとして、国連人口基金(UNFPA)とパートナーシップ契約を締結しました。これは、女性や少女たちの命と人権を守る取り組みを実施しているUNFPAに対して、戦略的コミュニケーション領域でADKとしてやれることをやっていこうという意思表示でもあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

友清 哲(トモキヨ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング