SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ネオ・コーポレート経営

資生堂横田CFOと語る「ワールドクラスの経営」──戦略実行の推進役「カタリスト」としての役割とは?

第5回ゲスト:株式会社資生堂 取締役 エグゼクティブオフィサー CFO 横田貴之氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ビジネスパートナーとしてサプライチェーンやブランドを支援

日置圭介
ボストン コンサルティング グループ パートナー&アソシエイト・ディレクター 日置圭介氏

日置:資生堂には、どのような経緯で参画されたのですか。

横田:大きなキャリア目標のひとつに、日本企業のグローバライゼーションに貢献したいという思いがあります。当社の魚谷(株式会社資生堂 代表取締役 社長 CEO 魚谷雅彦 氏)と話してみると、まさにそれを体現するような人で、非常に影響を受けました。前職(ユニリーバ)に残るのであれば、ヨーロッパでそのまま仕事をする予定でしたが、日本企業のグローバライゼーションの力になれればという思いで資生堂に入りました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ネオ・コーポレート経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

やつづかえり(ヤツヅカエリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング