SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「働く」の“ストーリー”を選ぶ社会へ

GEとメルカリが「対話」と「問い」で挑む、“性善説”のエンパワーメントの秘訣とは?

ゲスト:株式会社メルカリ 取締役社長兼COO 小泉文明氏 × GEジャパン株式会社 人事部長 谷本美穂氏 Vol.3

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“性善説”のエンパワーメントを成立させる、「マインド」と「システム」の両面設計

谷本:
 人は、信じてもらったときにやる気が出るんだと思うんです。だからエンパワーメントというのは、いかに信頼してやらせるか、そういうカルチャーをどう作るかというところにかかっていて、それが今のGEでは大きなテーマですね。上にいる人は、つい部下を自分のコピーに育てようとするところがあります。でも、部下は自分にない強みを持っていていいわけだし、むしろそれぞれの強みをどう活かして成長を支援できるか……。これまではどちらかというとコマンド・アンド・コントロール型だったやり方を信頼とエンパワーメントに変えようとしています。メルカリさんではどうなんでしょう?

小泉:
 僕らは、譲れないところだけ明確にして、あとは任せています。バリューに紐づく、という点は譲りません。働き方改革といって、社員に迎合するような会社がありますが、それは違うと思うんです。例えば僕らは、在宅勤務は認めてないんですよ。それは「家にいると働かないでしょ?」みたいな性悪説で在宅勤務を認めないわけではなくて、「All for One」というバリューに紐付けて考えると、今はそういうフェーズじゃないから。僕らが勝つためには、今はみんなで空気を共にして、何かまずいことがあれば一瞬にして解決する、そういうことが大事だということです。全てはミッションとバリューに紐づいているので、社員も理解していると思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「働く」の“ストーリー”を選ぶ社会へ連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング